ホーチミンからフエまで飛行機で行こう

ホーチミンからフエまでは1時間ちょっとの空旅となります。

前記事ではフエまでの移動手段で飛行機が最もおすすめと紹介しましたが、今回はもう少し具体的に解説したいと思います。

ホーチミンからフエ、もしくはダナン着の国内線へ

成田からホーチミンへ行く場合は、「タンソンニャット国際空港」を利用することとなります。
こちらは国際空港ですが、実は国内線は隣接しています。

国際線よりかはかな~り質素な感じで、ローカルな雰囲気が漂う空港内です。
周囲をうかがってみると、ほとんどの客が現地の人々。

若干大きなバックパッカー用のようリュックを背負った欧米人を見かける程度です。

待ち時間の過ごし方

国内線待合室には基本的なベトナム土産(お菓子と雑貨)のほか、小さななフードコートがあります。
ただし、こちらはかなり割高!

売っているものはバインミーやラーメンですが、スーパーやコンビニに行けば30円程度で買えるものがここでは500円くらいの値がついています。
よほどお腹が減って堪えられないという方だけおすすめします。

空旅はあっという間

空旅は1時間ちょっとなので、寝る暇もありません。
シート備え付けの雑誌を読んだり、ガイドブックに目を通すだけで到着してしまいます。

急上昇して下降するようなイメージなので、気圧にやられてしまう可能性があります。
気圧調整する耳栓などは持っていたほうが無難かと思います。

フエ空港から市内

バスとタクシーが出ています。シロタク(違法なタクシー営業)の客引きがかなりいますので注意してください。
シロタクに乗る場合はメーター制か交渉制かを選ぶこととなりますが、おすすめは交渉制です。

メーターの場合は不正操作をされている場合があり、ものすごい勢いで料金が加算されていきます。
交渉制の場合は相場として10万ドン~15万ドン程度を目安にかけひきしてください。

ちなみに市内中心まで約15kmほどと近く、道中はほとんど一本道なので、回り道される心配はさほどありません。

ベトナム航空とILCCどちらがお得?

ホーチミンとフエ路線を繋ぐ主要航空会社がベトナム航空とベトジェットエアです。
ベトジェットエアは格安航空会社のILCCですが、キャンペーン以外ではベトナム航空と対して料金は変わりません。

ただし、キャンペーン期間は要確認です。
1円~1000円程度でチケットを購入することができるサービズが随時行われています。

また、フエ空港と呼ばれる「フバイ国際空港」ですが、現在(2013年6月)改修工事を行っているため利用することができません。
閉鎖期間は2013年11月20日までとなります。

その間にフエ旅行される方は、ホーチミンから一度ダナンに行き、そこからバスでフエまで行くこととなりますのでご注意ください。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP