バインコアイ


バインコアイ(Banh Khoai)はフエを代表する名物料理で、宮廷料理ではなくどちらかと言うと庶民派料理となります。

フエ料理の中でも最も人気の高い料理となり、外国人観光客にかなり支持されています。

どこで食べられる?

バインコアイはフエ料理と名のつくレストランではまず間違いなくメニューにありますのでご安心ください。

ファングーラオ通りの小さなお店でも置いてありました。

どんな料理?

ベトナム名物料理の一つに「バインセオ」というものがありますね。

こちらはすでに日本人にも知名度が高く、日本にあるベトナムレストランでもフォーや生春巻きと同じく定番料理の一つとなっています。

バインコアイの味はこのバインセオとほぼ同じですが、バインセオよりも生地がぶ厚くボリュームがあるのが特徴です。
また、中身の具はレストランによって異なりますが、エビ、キノコ、豚肉、もやし、人参などを炒めたものが入っています。

ホーチミンでバインセオを食べるときはヌクマムをつけダレにして食べるのが一般的ですが、フエのバインコアイはヌクマムはつけません。
こちらは特性の甘辛のタレをつけて食べます。

味としては若干薄い焼肉のタレといった感じでしょうか(笑)
でも案外いけます。

私はフエに滞在中フエ料理と名のつくものは一通り食べてみましたが、どうやらヌクマムよりもこちらのタレをつけダレに使うことの方が多いようです。

ヌクマムは私も好きなのですが、ベトナム料理は何にでもヌクマムをつけるので、結局どれを食べてもヌクマムの味しかしないというのが欠点でした。

また、ヌクマムは塩辛いので、たくさんつけると体に悪い?ような気もしていたので、フエ料理はかなり私の中ではアクセントとなりました。

お値段は?

お値段は一枚5万ドンから7万ドン。
日本円に換算すると250円から350円といったところでしょうか。

一枚ではお腹一杯にはなりませんので、別の料理と併せて注文しましょう。
また、生地はぱりぱりしていますので、午後のおやつ感覚としても楽しめます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
>
PAGE TOP