ブンボーフエ

ブンボーフエ(Bun Bo Hue)はフエの名物料理の一つ。
現在では北部ハノイから南部ホーチミンにいたるまで庶民の家庭料理として定着しています。

ホーチミンでもレストランから屋台にいたるまで「ブンボーフエ」の看板を見かけることができますが、せっかくフエに来たのだから、本場のブンボーフエを堪能しておきましょう。

フエ料理一のおすすめ!

「私は宮廷料理を食べたい!」と仰る方にはちょっとこちらの料理は舌が合わないかと思います。
ベトナム料理と言えばあっさりスープに具は野菜だけのヘルシーな調理方法が特徴ですね。

フォーや生春巻きはその代表とも言えます。
ただし、男性側の意見としては「ちょっと物足りない」、「なんだか食べた感じがしない」、とやや満足に欠けている様子が多々うかがえます。

実は私もそうでした。
ベトナムに移住して3年以上経ったいまでも、なかなかフォーや生春巻きでお腹を満足させることはできません。

そんな『がっつり派』の方に是非食べてもらいたいのが、こちらのブンボーフエとなります。
「Bun=米粉の麺、Bo=牛、Hue=フエ」と訳すことができ、つまりは「牛肉の米粉麺、フエスタイル」というわけですね。

どんなお味?

ブンボーフエの特徴は3つ。

まずは麺ですが、こちらはただのブンではなく丸太麺です。
コシと弾力があるのでボリュームは申し分ありません。

続いて具は先に紹介したように牛肉がメインです。
また、それ以外にも野菜もふんだんに入れます。

そして最後がスープ。

ラーメンでもスープが決めてと言われるほどですが、それはブンボーフエでも同じこと。
赤みがかったスープは豚足、牛骨のダシがよく染み込んでいて、濃厚な味わいとなります。

また、レモングラスもちょっと入っているので風味も良いです。
一方フォーのスープは透明度が高いあっさり目の鶏ガラスープが特徴。

あっさり味がお好みならばフォーへ、濃厚スープを堪能したい方はブンボーフエをおすすめします。

どこでも食べられるブンボーフエ

ブンボーフエはベトナム全土どこでも食べることができます。
フエ市街地では屋台や食堂、レストランでは決まってメニューにありますので、食べたくなったときは最寄の食堂に行きましょう。

お値段も屋台なら一杯100円弱、レストランでも300円しないで食べることができます。

名実ともにフエ市民、及びベトナム人の庶民派料理となりますので、宮廷料理とは程遠いものの、ベトナムの家庭料理を楽しむには最もおすすめの料理と言えるでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)

このページの位置

>
>
PAGE TOP