もちもちっとした食感がフエ料理の特徴

これまで紹介したフエ料理はどれも庶民派B級グルメ。

「もう少しゴージャスな料理を食べてみたい」そんな方には次の料理がおすすめです。

フエ料理の特徴はモチモチ?

フエ料理や宮廷料理と呼ばれるものは大抵モチモチとした食感がつきものです。

片栗粉、米粉などを使用して作られる透明な生地は日本でいう白玉粉のような食感で、おやつ感覚で食べることができます。

バイン・ラー・チャー・トム

バイン・ラー・チャー・トム(Banh La Cha Tom)は透明のもっちりとした生地の中に海老のすり身が入っているフエの伝統料理です。

こちらはヌクマムをつけて食べるのが一般的。
あっさりとした食感で、なおかつ海老の風味が効いていておすすめの一品です。

バイン・ベオ

バイン・ベオ(Banh Beo) は小皿にのせられた米粉生地を蒸した料理です。
小皿にヌクマムをたらし、スプーンで十字に切って食べるのが一般的。

ホーチミンでもフエ料理と名のつくレストランではよく置いてある料理で、フエの伝統料理の一つとして現地の人々からも人気が高いです。

バイン・ボッ・ロック

バイン・ボッ・ロック(Banh Bot Loc)もバイン・ベオと同じくフエの伝統料理の一つ。
半透明の生地はもちもちとした食感で、中には蒸した海老が入っています。

こちらはホーチミンではあまり見かけませんが、本場のフエでは屋台などでも気軽に食べることができます。
現地の方は朝食やおやつに自宅で食べることが多いようです。

バインナム

バインナム(Banh Nam)はちょっと贅沢な宮廷料理風料理。

バナナの葉っぱにのせられた生地は米粉とタピオカをペースト状にしたもの。中身は海老のでんぶです。
こちらもヌクマムをつけて食べましょう。

コム・セン

コム・セン(Com Sen)は阮朝王宮で皇族によって親しまれていた伝統宮廷料理の一つ。
一見するとチャーハンに似ていますが、特徴は蓮の実がふんだんに入っていることです。

蓮の実は現在ではスーパーなどで購入できますが、やはり値段は野菜の中では抜群に高いです。

中級レストランでコム・センを出すところは、大抵この蓮の実が少ないので、こちらを食べたい方はワンランク上のレストランに足を運びましょう。

このように宮廷料理含むフエ料理は多種多様であり、それらはハノイやホーチミンとはまったく異なる調理法なのが特徴です。

もともとベトナムは南北に分断されていましたし、その中でも中部フエは独自の王朝、政権、文化を築き上げていました。
よって、南北のいずれにも属さない独自の食文化が築かれたのです。

現在フエ料理はベトナム全土で親しまれている郷土料理となっていますが、上記紹介した料理をすべて堪能したい方は、本場のフエに足を運びましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP