お土産は刺繍で決まり

ベトナムと言えば、雑貨ですね。
ここフエでもやはり雑貨は豊富です。

ただし、ホーチミンのベンタイン市場のように外国人観光客向けに開けた市場はないので、品ぞろえはちょっと期待できません。
その中でもフエに来たらお土産に是非買って行っていただきたいのが「刺繍雑貨」です。

刺繍雑貨とは

ベトナム人女性は持ち前の器用さを活かして、さまざまな服飾雑貨に刺繍を施します。

その種類は豊富で、財布、筆箱、小物入れ、バッグ、サンダル、ノンラー(三角麦わら帽子)など多岐に渡ります。
刺繍が施してあるだけでお値段はちょっと高めですが、値段交渉をすればリーズナブルで購入することも可能です。

刺繍の選び方

刺繍の選び方のコツは、まずは「色彩」を確認しましょう。

チープな刺繍は白と黒だけであしらわれており、ちょっと見た目は劣ります。
写真のようなカラフルな刺繍の方がファッショナブルですよね。

豊富な種類の色で染め上げられた糸をどれくらい使っているかによって、その値段は決まってきます。

もう1つの選び方は「品質」です。

こればかりはぱっと見ただけでは分かりませんので、刺繍を目の前に持っていき、間近で見てください。

ほつれがないか、しっかりと縫われているか、また大事なのはいかに短い間隔で縫われているかです。
ミリ単位で細かく縫われているものほど労力と手間がかかりますので、クオリティも高いものとなります。

どこでお土産を買えばいいの?

フエを歩いていると分かるのですが、ホーチミンやハノイのようにお洒落なお土産ショップが並んでいるエリアというのはほぼ皆無です。
ですので、フエ市街地を散策している最中に、雑貨ショップを見つけたら積極的に入ってみましょう。

また、旧市街地の阮朝王宮周辺では雑貨を売っている屋台や小さな個人経営の商店などをいくつか見かけることができます。
あとはお手持ちのガイドブックにもしかしたら少しショップの情報が掲載されているかもしれませんね。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP