名物フエ料理と宮廷料理

フエ料理というものをご存知でしょうか?
ベトナムの名物と言えば「フォー」や「バインセオ」、「生春巻き」が代表的ですが、実は中部地方フエで食べられる料理は、「フエ料理」としてベトナム人及び外国人から親しまれています。

ではフエ料理とはどんなものなのでしょうか。

フエ料理を味わう

フエにあるレストラン、屋台で食べられる料理はそのほとんどが代表的なフエ料理ですね。

米粉からつくったモチモチとした食感が特徴です。
またフォーのような麺料理もあります。

ちなみに、フエ料理の多くは現在ではホーチミンやハノイでも食べることができます。
フエ料理を出すお店は必ず看板で「フエ(HUE)」の文字があるので、北部南部に旅行される方はこちらもチェックしておきましょう。

ヘルシー料理が多いベトナム料理と若干異なり、フエ料理は味付けが濃いのが特徴です。
下味がしっかりされているので、そのまま食べてもヌクマムにつけても美味しく召し上がることができます。

宮廷料理とはなんぞや?

ガイドブックなどには「宮廷料理」という文字でフエ料理が紹介されていることが多々ありますが、一体宮廷料理とは何なのでしょうか。

中部フエはベトナム最後の王朝があったことでも知られています。歴代阮朝(グエン)皇帝は旧市街地のど真ん中にある阮朝王宮で暮らしていました。

そこで皇帝及び皇族の方々が食べていた料理が宮廷料理と呼ばれるものです。

レストランに行けば宮廷料理という文字はよく見かけますが、しかし実際は当時食べられていた本当の宮廷料理とは異なります。

宮廷料理に言えることは、「すべてに高級食材を使用していること」です。
金粉を撒いていたり、通常は豚肉を使うところをクジャクの肉を使用したりと、現在では滅多に食べることができない食材ばかりです。

故に、本場のフエであっても、レストランで食べることができるフエ料理は「宮廷料理風」ということになります。

日本人の舌にも合う

ベトナムのヘルシーな料理を目当てに期待してきたはいいですが、いざ食べてみると香草の独特の香りや青臭さが鼻について、ちょっと拒否反応を示す方もいらっしゃいます。
そんな方にはフエ料理、及び宮廷料理がおすすめです。

最近は欧米料理ばかりとなった日本人の食生活では、ベトナムの生春巻きといった料理はいささか物足りない気がします。
フエの料理は濃い味付けに豚肉や牛肉でよくダシを取っているので野菜の臭みがありません。

他のベトナム料理を敬遠されている方でも、きっとフエ料理は気に行ってくれるかと思います。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP